ソフトバンクも解禁! iPhone、Androidで使いまわせるSIMカード導入で他社流出を阻止か?

ソフトバンクが新たな改革に乗り出した。AndroidスマートフォンとiPhoneの物理SIMカードを、どちらでも使えるようにする、と発表したのだ。現在ソフトバンクで使用している物理SIMは、AndroidスマホならAndroidスマホのみ、iPhoneならiPhoneのみでしか使えないという制約がある。しかしこの問題点を解消し、ユーザーの利便性を向上させることを狙っているようだ。
今回は、ユーザーファーストの変化を続けるソフトバンクについてお伝えしていきたい。

ついにソフトバンクでもOS共通のSIMカードを導入

この小さなカードが無ければスマホも“ただの箱”なのだ

 “SIM統一”の話が飛び出したのはソフトバンクが提供する新ブランド「LINEMO」の発表会でのこと。現在ソフトバンクの抱える携帯電話事業ではメインブランドやサブブランド内で複数種類の物理SIMカードが用いられている。そのためAndroidスマホからiPhoneに乗り換えたり、その逆をしようとする際にSIMの使いまわし等が困難になっているとして、これまでもユーザーから不満の声が挙がっていた。またドコモやKDDIといった他キャリアでは、一部条件もあるものの基本的には使いまわしができるという事実も、「なぜソフトバンクだけできないのか」といった不満がユーザー内で渦巻いていた様子もうかがえた。
 今回ソフトバンクは、そうしたSIMの現状について「課題として認識している。解決する方向で準備を進めている」と言及。技術的な面もあり開始時期については明らかにしなかったものの、対応する姿勢を伝えた。

ソフトバンクも解禁! iPhone、Androidで使いまわせるSIMカード導入で他社流出を阻止か?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneLINEMOSIMSIMカードソフトバンク】の最新ニュースをいち早くお届けします。