楽天モバイル、大一番の賭けに出た!? 基地局倍増は吉か凶か

楽天モバイルが大幅な方針転換を打ち出している。現在意欲的に基地局を増設している楽天モバイルだが、当初の計画から前倒しで「2021年夏に人口カバー率96%を目指す」としていた計画をさらに見直し、カバー率の目標値は変えずに基地局をさらに増やして“電波の密度を高める”ことを発表したのだ。4大キャリアのうち最も後発でいまだに他キャリアに居候もしている状態の楽天モバイルだが、この方針転換は何を目的としているのだろうか。
今回は、“キャリア2年目”を迎える楽天モバイルの成長戦略について考えていきたい。

大きな軌道修正を図った楽天モバイル

(Image:Hannari_eli / Shutterstock.com)

楽天モバイルは販売店も基地局も全国に普及してきている

 計画の再見直しが明らかにされたのは、2月12日の決算会見だ。楽天モバイルの人口カバー率の目標値とその到達時期を、キャリア事業参入当初には「2026年に人口カバー率96%を目指す」としていた。しかし2020年にこのカバー率の時期が5年間前倒しとなることを発表、2021年夏に到達するという見込みを示したのだった。重ねて、今回の会見ではさらにカバー率を据え置きしたまま、基地局の数を当初計画の2万7,397局から4万4,000局へと大幅に増加させるという。

 この決断を下した理由には、総務省主催の懇談会で楽天モバイルが示した「ユーザーの月間利用データ量が他社ユーザーの約2倍」というデータが関係しているとみられている。少ない基地局で多くのデータ量を処理している現状を解消するため、基地局の密度をアップさせる必要に迫られているようだ。「1年無料」という破格のキャンペーンを利用し、ポケットWi-Fiのように使うヘビーユーザーが多いのかもしれない。

楽天モバイル、大一番の賭けに出た!? 基地局倍増は吉か凶かのページです。オトナライフは、【iPhone&Android5G基地局楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。