YouTube、動画内ショッピング機能追加でデビューする人が急増するかもしれない!

YouTubeが2021年に大きく変わることになりそうだ。なんと動画内ショッピング機能を実装し、動画から直に商品のECサイトへと移動できるようになるなど、複数の機能の改修を予定しているという。近年は動画投稿ができるSNSアプリのTikTokが世界的に人気を博したり、サブスクリプション型の動画配信サービスのユーザー数が急増したりと、YouTubeのライバルとも呼べるサービスの隆盛が続いている。いまはまだユーザー数等では優勢なYouTubeだが、今後を見据えて方針転換を図るようだ。
今回は、業界トップを守り続けるためのYouTubeのさまざまな変化についてお伝えしていきたい。

YouTubeがクリエイター支援の姿勢を打ち出す

商品レビュー系のYouTube動画はとくに女性層のニーズが強い

 YouTubeの公式発表によると、2021年のうちに現状のプラットフォームの大幅な変更が発生する可能性があるとしている。そのうちのひとつが、動画内にオススメのアイテムリストを表示できる機能。リストをクリックすることで、そのアイテムが購入できるECサイトに飛ぶことができるようになるという。

 この変更が実装されれば、たとえば料理系YouTuberが自身のプロデュースしたキッチン用品を動画内で使用したり、ゲーム系YouTuberがその動画でプレイするゲームを宣伝した際に、クリックひとつで対象商品のリンク先に移って簡単に購入を促すことができるという。まさに動画をそのまま消費者の購買につなげることができ、これまで動画の再生数等で広告収入に直接依存していたYouTuberの収益のスタイルを大きく変えるとも考えられているようだ。YouTubeがYouTuberのクリエイター活動を後押しする機能となることは間違いない。

YouTube、動画内ショッピング機能追加でデビューする人が急増するかもしれない!のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeYouTuber】の最新ニュースをいち早くお届けします。