楽天銀行、インターネットバンキング利用率1位! 経済圏を背景に圧倒的支持率獲得か

スマホやパソコンから預金口座の確認や振り込みができるインターネットバンキングの利用に関するアンケート調査が発表され、「現在利用しているインターネットバンキング」部門で「楽天銀行」が1位を獲得したようだ。楽天銀行の伸び率、そして楽天経済圏の好調ぶりが判明したような形か。インターネットバンキングの推移および楽天銀行、楽天グループの様相について追いたい。

他インターネットバンキングを寄せ付けない結果に

銀行業界でもデジタル化の波に乗った?(インターネットバンキングの利用経験)

 マイボイスコム株式会社は、22回目となる「インターネットバンキングの利用」に関するインターネット調査結果を発表。2021年1月1日~5日に実施し、10,078件の回答を集めたとのことで、回答者のうちインターネットバンキングを現在利用している人は66.0%で、2018年調査以降増加傾向にあることがわかった。インターネットバンキングの利用経験者は、「現在利用している」「利用したことがある」を合わせて70%超となっていて、利用しているサービスは、「口座情報の照会・明細の確認」「振り込み・送金」がどちらも利用経験者のうち80%近くを占めていることも判明した。

 そんな中、現在利用しているインターネットバンキングのアンケートにて(複数回答可)、圧倒的トップの座に立ったのが楽天銀行だった。その利用率は51.7%と、「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」「三菱UFJ銀行」といった2位集団が20%台、その下の「ジャパンネット銀行」「三井住友銀行」が各20%弱という結果になったことを考えると、いかに楽天銀行が圧倒的な位置にいるのか明白ではないだろうか。

 楽天銀行といえば、1月に国内のインターネット銀行としてはじめて1,000万口座を突破したと発表していた。2001年7月の開業以来順調に口座数を伸ばしており、ここ1年で数々の大台突破の快挙が伝えられたことも記憶に新しい。約7カ月で100万口座増加という集客力には特段目を見張るものがあるが、楽天経済圏が日増しに広がっていった結果がもろに影響しているのかも。何にせよ楽天グループは銀行業界の中でもデジタル化の波に乗れていることがあらためて判明したと言えそう。やはり楽天グループのシナジーは絶大だ。

楽天銀行、インターネットバンキング利用率1位! 経済圏を背景に圧倒的支持率獲得かのページです。オトナライフは、【マネーインターネットバンキング楽天楽天経済圏楽天銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。