【Kyash】ポイント還元率が1%→0.2%に改悪! それでもまだ利用価値はある?

審査が必要なく誰でも手軽に入手できるプリペイドカード「Kyash(キャッシュ)」。Kyashはスマホからチャージするだけでクレカと同じように決済できるのがとっても便利。しかも、ポイント還元率の高いクレカでKyashにチャージすると、クレカ+Kyashのポイントを2重取りできるのが大きな魅力となっている。ところが、2021年2月10日にKyash還元率は1%から、いきなり0.2%に大幅ダウン!「もはやKyashは終わった」との声も聞かれるが、本当に利用価値はもうないのだろうか? 

クレカ+Kyashで還元率2.2%がたったの1.4%に!

(Image:Kyash.co)

 2021年2月10日、「Kyash(キャッシュ)」ユーザーに衝撃が走った。Kyashのポイント還元率が1%からいきなり0.2%にダウンされてしまったのである。このニュースにKyashユーザーは「もはやKyashに利用価値なし!」と嘆いている。だが、本当にもうKyashに利用価値はないのだろうか? 
 そもそも「Kyash」とは、お金をチャージしてクレカと同じように決済できるアプリ版を含む「Visaプリペイドカード」のこと。Kyashを利用するには、とりあえずスマホで「Kyash」アプリをダウンロードし、メルアドと電話番号でユーザー登録すれば、審査・書類不要で誰でもすぐに「バーチャルカード」が発行できる。その後、リアルカードの申し込みも可能だが、発行には手数料がかかるので注意しよう。
 Kyashは、基本的にクレカと違って事前にお金をチャージしないと買い物ができない。このとき、ポイント還元率の高いクレカと組み合わせることで、ポイントの2重取りが可能となっている。たとえば、リクルートカードでチャージすれば1.2%還元され、Kyash Cardを利用して支払うと1.0%還元がプラスされるので、合計2.2%もポイント還元されるのだ。ところが、今回のルール改悪によってKyash Cardポイント還元率が0.2%になってしまったため、現在は最大でも1.4%しか還元されなくなったのである。

Kyash Visaカードは3種類ある。クレカとほぼ同じ機能を持つリアルカード「Kyash Card」と、本人確認不要で申し込める「Kyash Card Lite」、そして、スマホからメルアドと携帯電話番号だけで申し込める「Kyash Card Virtual」があり、それぞれ発行手数料やポイント還元率などが異なる

かつては、リクルートカードでKyashにチャージすると1.2%還元、Kyash Cardを利用して支払いをすると1%還元されて合計2.2%還元になったが、今回のルール改悪によってKyashの還元率は0.2%に。合計では1.4%還元しか還元されなくなった

こちらはKyashのバーチャルカード。GooglePayに登録すればクイックペイで利用できるため、コンビニや飲食店などで気軽に使えて、さらにポイントも貯められるのが便利

Kyashは銀行口座からのチャージも可能だが、登録には本人確認が必要となる。2021年2月4日以降は、スマホ本人確認(eKYC)による本人確認が必須となっている(写真はKyash公式サイトより転載)

【Kyash】ポイント還元率が1%→0.2%に改悪! それでもまだ利用価値はある?のページです。オトナライフは、【マネーKyashクレカポイント2重取りリクルートカード】の最新ニュースをいち早くお届けします。