Zoomブームついに終了? 新たなビデオ会議システム「Around」の登場にネット騒然

新しいビデオ・Web会議システム「Around(アラウンド)」が話題となっている。これまでビデオ・Web会議といえば、「Zoom」や「Microsoft Teams」等が使われることが多かった。2020年5月に発表されたMM総研の調査によると、ビデオ・Web会議システムの利用シェアでZoomが35%で1位に。「Skype」とMicrosoft Teamsはともに2位タイで18%と、Zoomが優位に立っている。しかし最近になって、Aroundというツールが人気になりつつある。Zoomなど従来のビデオ・Web会議サービスの課題を払拭したAroundが、これからの時代のニーズに合ったツールになっていくかもしれない。

Zoomを超えた多彩な機能もつAround(アラウンド)

(Image:around.co)

ほかのWeb会議システムとは一線を画す機能の豊富さ

 Around(アラウンド)で注目すべきは、ユーザーインターフェースの使いやすさだ。従来のビデオ・Web会議システムとは違い、会議参加者の顔が丸くトリミングされ、それぞれが画面にフロートして表示される。会議中に自身の作業を続行したいときは、参加者の丸いアイコンが画面上部に表示。作業中のウィンドウの上にアイコンが来るため、わざわざ画面を小さくして相手の顔が見えるように操作する必要もなくなる。
 さらにChromeの無料拡張機能の音声入力を利用することで、大事な会議の議事録を自動でメモすることが可能だ。「Notes」と呼ばれるこの機能は、メモだけでなく通話終了後に参加者にメールで送信することもできるという。Aroundはこれまでのビデオ会議ツールの不満を解消する機能が多く、ユーザーは痒い所に手が届く状態だ。

Zoomブームついに終了? 新たなビデオ会議システム「Around」の登場にネット騒然のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAroundWeb会議Zoomテレワークビデオ会議在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。