日本国内で2万以上のパソコンが「Emotet(エモテット)」ウイルスに感染か

国内の多数のPCが、コンピュータウイルスに感染している可能性があるようだ。海外捜査当局から情報提供があったといい、感染が疑われるPCのユーザーにはプロバイダから注意喚起のメールが届くという。このウイルスは「Emotet(エモテット)」と呼ばれる種類のもので、これまでに世界中で被害の報告が相次いでいる。過去には日本国内の大学でも被害が確認された。
今回は、そんな注意すべきコンピュータウイルスの情報や、今後出てくるかもしれないこの注意喚起に便乗した新たなリスクについて考えていきたい。

国内で2万件以上の被害報告?

添付ファイルには悪意あるプログラムが仕込まれている可能性も

 現在注意が促されているエモテットは、海外の捜査当局から「国内のIPアドレス約2万6,000件の感染が確認された」という情報が寄せられ、警察庁が自身の調査でその情報がほぼ正確であることを改めて確認したとしている。

 エモテットとは、主にメールによって感染が広がるタイプのウイルス。メールの添付ファイルや、本文にあるリンク先でダウンロードされるファイルから感染することが多いという。感染するとユーザーの意思とは関係なく、PCにある情報を盗み取ったりそのPCからさらに別のPCへと感染を広げようとしたりする。2019年11月には首都大学東京でも被害が報告され、2万件近い送受信メールの情報が盗み取られる事態となった。その際も、被害にあったアドレスに実在する雑誌社の名前を騙ったメールが送られてきて、添付ファイルを開いたことでウイルスに感染。被害につながったとされている。

日本国内で2万以上のパソコンが「Emotet(エモテット)」ウイルスに感染かのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスEmotetウイルスサイバー攻撃セキュリティフィッシング詐欺不正アクセス】の最新ニュースをいち早くお届けします。