楽天ペイと楽天Edyの違いってなに? それぞれにおすすめのユーザーについての解説

ポイント還元の違い

 ここでは楽天ペイ・楽天Edyそれぞれのポイント還元について、もう少し細かく見ていこう。

■楽天ペイは最大1.5%の還元率

 楽天ペイで最大1.5%の還元を受けるには、下記の手順で行う。

・楽天キャッシュへ楽天カードでチャージすると、0.5%のポイント還元
・楽天キャッシュによって楽天ペイで決済すると、1.0%のポイント還元

 楽天ペイに楽天カードを直接登録して使うこともできるが、その場合は1.0%の還元率となる。よって、いったん楽天キャッシュを間にかませることが必要だ。

■楽天Edyの還元率は基本的に最大1.0%

 楽天Edyは200円の決済ごとに1ポイントが貯まる。また楽天カードで楽天Edyにチャージすることで200円ごとに1ポイントが貯まるため、合計で最大1.0%の還元率だ。また、楽天Edyの「ポイントプラス加盟店」では、200円ごとに2ポイントが貯まるので、最大1.5%の還元を受けることができる。具体的には下記の店舗だ。

・Ducky Duck
・椿屋珈琲店
・イタリアンダイニングDONA
・ぱすたかん
・こてがえし
・八重洲ブックセンター
・タイトーステーション(楽天Edy機能つき「タイトーステーションメンバーズカード」による支払いのみ)

■楽天ポイントカードも活用しよう

 楽天ポイントカードの加盟店なら、ポイントカードを提示することで、ポイント還元を受けられる。楽天ペイや楽天Edyと併用することでさらにお得だ。

楽天ペイと楽天Edyの違いってなに? それぞれにおすすめのユーザーについての解説のページです。オトナライフは、【マネー楽天楽天Edy楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。