iPhoneの時代、終了? 続々登場のエントリーモデルが5G普及に貢献中!

日本国内では2020年からサービスがスタートした5G。高速・大容量かつ遅延の少ない通信規格として、もはや現代人の生活の一部となったスマートフォンの利用の質をこれまで以上に高めてくれることが期待されている。だがそんな5Gの凄さを体感するには、私たちユーザーはまず5G対応のスマホを購入するところから始めなければならない。
今回は、5G対応スマホに訪れはじめている熾烈な競争の実情や、日本では圧倒的な支持の高さを誇るiPhoneの地位が脅かされるかもしれない理由についてご紹介していきたい。

5Gの普及をエントリーモデルのスマホで牽引中

現在はまだ一部地域でのみだが5Gの利用が可能だ

 現在、4大キャリアすべてが5Gに対応した基地局を増やし普及させている。中でもauとソフトバンクは既存の4Gの基地局を5G対応に改修する手法を中心に進めており、ドコモや楽天モバイルと比べて5Gエリアの広さで一歩リードしている状況だ。
 さらにauとソフトバンクでは、その広いエリアを武器にメインブランドで5G対応スマホのラインナップを充実させている。ヘビーユーザーのニーズを満足させる高性能のハイエンド機種だけでなく、手ごろな価格で5Gのエントリーモデルにもぴったりなミドルレンジ機種が用意されていることからも、ライバルに先駆けて5Gユーザーの囲い込みを狙っていることが伺える。

iPhoneの時代、終了? 続々登場のエントリーモデルが5G普及に貢献中!のページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GauiPhone 12NTTドコモSAMSUNGシャオミソフトバンク楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。