「MVNO」と「MNP」って何が違うの? スマホの乗り換えで覚えておきたい基礎知識

ドコモの格安新料金プラン「ahamo」が登場してから、スマホの月額利用料が驚くほど安くなっている。アナタもぼちぼちキャリア(携帯会社)の乗り換えを検討しているのでは? でも、スマホの用語は難しいカタカナが多くてよく分からないという人も多いだろう。そこで今回は、キャリア乗り換えで必ず出てくるスマホ用語を解説しよう。

「MVNO」と「MNP」の違いをちゃんと答えられる?

 2021年春のスマホ料金競争が激しい。これまで月5,000円〜1万円もしていた月額利用料が、ドコモの「ahamo」が登場してから月20GBでも月額1,980円〜2,480円程度になっている。ここまで安くなれば、さすがに誰でもキャリアの乗り換えを考えるだろう。だが、スマホに関する用語はカタカナが多くて分かりにくい。たとえば、アナタは「MVNO」と「MNP」の違いを正確に答えられるだろうか? そこで今回は、キャリア乗り換えで必須となるスマホ用語を解説する。
 まず、「MVNO」とは“Mobile Virtual Network Operator”の略で、日本語では「仮想移動体通信事業者」と呼ばれている。ざっくり言えばドコモやauなどから電話回線を借りて独自のブランド展開している“格安SIM”のことで、「mineo」「OCN モバイル ONE」「BIGLOBEモバイル」「イオンモバイル」などが該当する。逆にドコモやauなどは「MNO」と呼ばれているが、これは“Mobile Network Operator”の略で、日本語では「移動体通信事業者」と表記される。つまり、MNOとは自社回線をもつ携帯電話会社のことで、最近では楽天モバイルがMNOに加わったばかりだ。
 次に「MNP」は“Mobile Number Portability”の略で、日本語では「携帯電話番号ポータビリティ」と呼ばれている。これは、電話番号をそのまま維持してキャリアを乗り換える制度のこと。「MVNO」とはまったく関係ないのだ。

「MVNO」はいわゆる「格安SIM」事業者のこと。現在、自社回線を持たず「MNO」から回線を借りている「MVNO」事業者は日本に数百社あると言われている

自社回線をもつ大手キャリア「MNO」は、ドコモ、au、ソフトバンクの3社だったが、現在は楽天モバイルが加わって4社になった

「MNP」は今使っている電話番号を維持したままキャリアを乗り換える制度のこと。もし、新規で携帯電話を契約すると携帯電話番号はそれまでのものとは変わってしまう

「MVNO」と「MNP」って何が違うの? スマホの乗り換えで覚えておきたい基礎知識のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidauiPhoneMNPMVNOソフトバンクドコモ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。