呪術廻戦は“ネクスト・鬼滅の刃”!? 動画配信の会員数増加はアニメ作品の人気次第か

世界中でコロナ禍での自粛生活、おうち生活へのシフトを強いられた昨今。この機会に動画配信サービスに登録したり、視聴する機会が多くなったという人も多いのでは。そんな中、Amazonプライム・ビデオやNetflixなどさまざまな定額制動画配信サービスを横断し、利用者全体の中で、どんなタイトルが観られているのかという「定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング」が発表され反響が起きている。昨年、日本中を席巻したアニメ「鬼滅の刃」のように、「呪術廻戦」が各世代に人気を集めている様相だ。アニメ作品が上位を占め、圧倒的な支持を受けていることが判明した今回のランキングについて追っていきたい。

「呪術廻戦」が第2の鬼滅の刃との声も

上位作品にはアニメが立ち並ぶ

 

 GEM Partners株式会社は、エンタメコンテンツランキングやデータ情報を発信する「GEMランキングクラブ」プロジェクトにて作成した「定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング」を発表。過去1週間以内にそのタイトルを見た人の多さを示す、“視聴者数ポイント”を踏まえると、全体ウィークリーランキングは呪術廻戦が1位をキープ、「進撃の巨人」が僅差で鬼滅の刃を上回り、2・3位が入れ替わったとのこと。アニメ作品上位の面子は変わらず、呪術廻戦にいたっては10〜50代に圧倒的な支持を受ける結果に。鬼滅の刃とは対象にしている年齢層が異なるといえど、ストーリー的にはグロテスクな描写もいとわない世界観など共通点多く、何かと比較される両アニメ。今回のランキングにて、呪術廻戦が10代から50代で不動の人気を獲得し続ける結果を見るに、2021年に“第2の鬼滅”となる可能性も現実味を帯びてきたのでは。

呪術廻戦は“ネクスト・鬼滅の刃”!? 動画配信の会員数増加はアニメ作品の人気次第かのページです。オトナライフは、【動画・音楽Amazonプライム・ビデオNetflix呪術廻戦鬼滅の刃】の最新ニュースをいち早くお届けします。