フェイスブック、グーグル、報道機関との戦いが終結。今後はニュースの選び方にも変化が

フェイクニュースがなくなり、情報の質が向上?一方で懸念も

今後、私たちのニュースの選び方に変化が生じる可能性も

 日本でもすでに、近々グーグルが「ニュースショーケース」という新サービスを開始することが分かっている。ニュースショーケースでは通常のグーグルニュースやネット検索とは別に、グーグルが対価を払う契約先の報道機関の記事が提供されるサービスだ。フェイスブックの新サービス「フェイスブックニュース」に関しては今のところ日本で提供されるかは分かっていないが、そのうち日本でも始まるかもしれない。
 
 私たちユーザーのメリットとしては、より質の高い情報を入手することができる点だろう。記事検索で上がってくるフェイクニュースに踊らされることが減るかもしれない。少なくとも、オーストラリアのように突然グーグル検索ができなくなったり、フェイスブックで制限がかけられるようなことは当面はなさそうなので、そこは一安心だ。

 しかし一方で、巨大IT企業による情報操作、市場支配といった懸念は拭い去れないままだ。時に人の生命にも関わるような重要なものである情報は、他方で巨大な利益を生む。今後の動向にも留意し続けたい。

参照元:FB、報道業界に10億ドル 3年計画 グーグルに続き「業界支援」【産経新聞

※サムネイル画像(Image:Ascannio / Shutterstock.com)

フェイスブック、グーグル、報道機関との戦いが終結。今後はニュースの選び方にも変化がのページです。オトナライフは、【SNSFacebookGoogleニュースショーケース】の最新ニュースをいち早くお届けします。