【Android】内部音声を録音する方法を解説! おすすめアプリも紹介

【Android】アプリ以外で内部音声のみを画面録画する方法

(Image:Framesira / Shutterstock.com)

 Androidにはアプリを使わずともroot不要で内部音声を録音する方法が存在する。先ほど紹介したおすすめアプリを使う方法は手軽ではあるがアプリのインストールが必要だ。アプリを別途インストールせずにAndroidの内部音声の録音を行いたい方はこれから紹介する方法を参考にして、Androidの内部音声の録音にチャレンジしてほしい。

・【方法①】PC

 Androidには画面を外部のディスプレイなどに出力する「キャスト」機能が搭載されている。PCにはこのキャスト機能のディスプレイとして動作するアプリ(以下、クライアントアプリ)が多くあるので、これらのアプリを利用して、AndroidからPCへ画面をキャストすることでPCからAndroidスマホの画面や音声を確認することができる。
 PCでAndroidスマホの画面や音声を表示できたら、クライアントアプリに搭載されている録画機能を使ったり、PCに搭載されている画面録画機能を使うことでAndroidの画面を内部音声付きでクリアに録画することができる。
 この方法は多くのAndroidスマホで利用することができ、PCさえあれば完結できるのでおすすめだ。ただし、ゲームなどの画面を録画したい場合には遅延に注意が必要だ。画面録画時にはAndroidスマホだけでなくPCでもAndroidの画面を表示することができる。
 そのため、PCの大画面でAndroidのゲームアプリを楽しむ方もいらっしゃるかと思うが、キャストは一度、Android端末側で処理された画面の映像が送信されてくるので遅延が発生する。そのため、クライアントアプリ側の画面を見ながら録画・録音とゲームアプリのプレイを行うのはおすすめしない。
 また、Androidで動作するアプリの中には著作権の保護でキャストが禁止されているものも存在する。このようなアプリではこの方法は利用できないので注意したい。

・【方法②】Google Playゲーム

 Androidには「Google Play ゲーム」という、Google公式のゲームプラットフォームが存在する。「Google Play ゲーム」にはゲームアプリの画面録画および共有機能があるので、この機能を使えばゲームアプリの画面録画をクリアな内部音声付きで録画することができる。
 ただし、この機能が使えるのは「Google Play ゲーム」の画面録画機能に対応しているゲームアプリのみだ。ゲームアプリ以外のアプリや対応外アプリなどは画面録画できないので注意が必要である。

・【方法③】ケーブル

 Androidでの内部音声の録画方法として物理的で確実な方法に、イヤホンジャックから出力した音声をケーブルでアナログ録音するという方法がある。これまで紹介してきたアプリを使う方法やキャストを利用する方法ではAndroid端末の動作に負荷がかかるため、高負荷がかかるゲームアプリなどの画面録画・録音には不向きだ。
 これに対して、「ケーブル」を使って物理的音声を録音する方法ではイヤホンジャックから出力した音声を録音するので内部音声の録音についてはAndroid端末側に負荷はかけない。
 この方法では、Android端末のイヤホンジャックに3.5mmのオーディオケーブルを挿して、そのオーディオケーブルの反対側をPCのマイク端子やICレコーダーに接続する。これでPCやICレコーダー側ではマイクからの音声入力として扱うことができるので、後はこれをPCやICレコーダーで録音することでAndroidの内部音声のクリアに録音することができるのだ。
 なお、この方法は一見するとデジタルで損失なく音声を録音しているように見えるが、実際にはアナログ録音であるため多少なりとも音声の品質に劣化は生じる。また、近年はオーディオ出力ジャックが搭載されていないAndroid端末も多いためそのような端末では、Type-Cから音声を出力できるケーブルが必要となる。

【Android】内部音声を録音する方法を解説! おすすめアプリも紹介のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroid画面録画録音】の最新ニュースをいち早くお届けします。