「iPhone 12」実はバッテリー容量減少、スマートなデザインと節電を両立も不満の声が

2020年の10・11月に立て続けに4機種がリリースされた「iPhone 12」シリーズ。毎回iPhoneの新作登場時には大いに注目を集めファンからは諸手を挙げて歓迎されるのが常なのだが、今回は少し様子が違った。ネット上で話題となったため読者のみなさんもご存知かもしれないが、バッテリー容量が減少しユーザーからは「バッテリーの持ちが悪くなった」という使用感の報告もたびたび漏れ聞こえてくる。スマートフォンを選ぶ際に「充電してどれだけもつか」が機種選びの上位条件に入る人も少なくない中で、アップルの決断はどう評価されたのだろうか…。
今回はあらためてiPhone 12のバッテリー容量の減少の理由とそれがもたらす影響について考えていきたい。

iPhone 12シリーズ、iPhone 11よりバッテリー容量1割減

(Image:Rashad Designs / Shutterstock.com)

iPhone 12は発売直後から世界中で売れに売れた

 フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズの柏尾 南壮氏が分解調査したところによると、iPhone 12のバッテリー容量は2,815mAhだったという。近年のスマホは大型化のトレンドもあってバッテリーも大型・大容量化しており、容量が3,000mAhを超える機種も一般的に。中には、「OPPO A5 2020」等、5,000mAhに達する機種まで登場している状況だ。どんな業界でも上を見ればきりがないのは確かだが、それを差し引いても2,815mAhは少々低い水準と言わざるを得ない。また前年に登場した「iPhone 11」シリーズと比較しても4機種平均で10%弱減少しているといい、柏尾氏は「前年モデルよりバッテリー容量が減ったのは今回が初めてだと思われる」と指摘している。
 合わせて同氏は容量減の理由を「iPhone 12シリーズが前年より1mmほど薄くなった影響」や「省エネに貢献している部品が増えたこと」「電源管理ICの増加」と推察。とくに後者2つは節電効果がありバッテリーの持ちを向上させていることにも言及している。

「iPhone 12」実はバッテリー容量減少、スマートなデザインと節電を両立も不満の声がのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhone 12iPhone 12 miniバッテリー】の最新ニュースをいち早くお届けします。