iPhone 12 miniは不人気だが、実はiPhoneがスマホ販売台数の約半数を占めることが判明

新プランで浮いたお金を高級端末へ?

(Image:Fadhli Adnan / Shutterstock.com)

iPhoneはどう進化していくか

 そんなiPhoneの近頃のウワサといえば、折りたたみiPhoneを脳裏に思い浮かべた人も多いのではないか。アップルが折りたたみiPhoneを発表するのは早くても3年後以降だろうというウワサが囁かれる中で、万が一2021年に発売ともなれば、販売台数を増加させることはもちろん、アップル自体の好感度もさらに上昇するかも。昨今、携帯電話の新料金プランが各社から乱立されている中で、月額料金を新プランによって抑えることができれば、高額端末にも手が届くようになる人も増えるのでは。新プランが次々と姿を表す中で、CEO自ら「エキサイティングなことが待っている」と発言したiPhoneが如何様なものになるのか注目が集まっている。

参照元:2020年に日本で販売されたスマホのほぼ半数がiPhoneだったことが判明【iPhone Mania

※サムネイル画像(Image:Fadhli Adnan / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhone 12 miniは不人気だが、実はiPhoneがスマホ販売台数の約半数を占めることが判明のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。