インスタ離れが加速か? 「映え」よりも内容の充実性にシフトした情報ツールに進化!

人気SNSの「Instagram」が写真映えから情報収集ツールに変化しつつある。Instagramは、写真の投稿に重きを置いたUIのためメッセージ性より写真映えがメインとなっていた。しかし最近は検索機能を用いて飲食店やグルメ、観光地などを調べるユーザーが増えている。企業や店舗がInstagramアカウントを使ってPRや広告を打ち出していることもあり、ハッシュタグで店名や場所の名前をリサーチするユーザーが増加。Googleで検索するよりも、SNSを利用する方がよりリアルタイムの情報を手に入れることができるのだ。インスタ映えの時代は過ぎ去りつつあるのかもしれない。

古参ユーザーが継続して利用するSNSに?

(Image:Primakov / Shutterstock.com)

友人同士のコミュニケーションに留まらず、人気芸能人とも交流できる身近なコンテンツ

 SNS運用について紹介するウェブメディア「WE LOVE SOCIAL」によれば、Instagramは2021年2月時点で国内の月間アクティブユーザーが3,3000万人だといい、「LINE」「Twitter」に次いで3番目にあたる。
 写真映えをメインとしたコンテンツで若者をメインターゲットに人気が広がったInstagram。現在は写真の紹介だけでなく、ストーリーズやIGTV、REELSといったライブ配信や動画機能も利用可能だ。機能が充実したおかげで友人とのつながりのほかに、有名芸能人や企業、店舗と動画を通して直接やりとりが行えるため、より密接なコミュニケーションができるようになった。
 また、総務省の調査によると、20代のInstagram利用率が約6割だという。「Clubhouse」をはじめSNSの多様化が進む中で、新規ユーザー獲得は難しくなってきそうだ。今後は古参ユーザーが継続して利用するツールになるかもしれない。

インスタ離れが加速か? 「映え」よりも内容の充実性にシフトした情報ツールに進化!のページです。オトナライフは、【SNSInstagramSNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。