ドコモ、au「noindex」解約ページ隠し発覚で、ソフトバンクが評価を上げる!?

またしてもスマホ業界のせこい部分があらわになってしまった。2020年の末から続く値下げ競争で賞賛だけでなく叱責も浴びている印象のあるキャリア各社だが、今度はドコモとauが、自身のキャリアサービスの解約ページを検索に引っかからないようにする“解約ページ隠し”ともとれる手段を行っていたことが明らかとなった。この手のたぐいはもはや企業体質と考えざるを得ないのかもしれない…。
今回は、世間の評判をガッツリと下げたであろう2キャリアと、ライバルが沈んでいったことで好感度が急上昇するかもしれない存在についてお伝えしていきたい。

ドコモとauの残念な姿勢が発覚

現在は2キャリアとも検索結果に解約ページがヒットするようだ

 今回ニュースとなったのは、ドコモとauのHPの中で「解約」や「MNP転出手続」のページのみ「noindex」のタグが設定されていたという問題だ。総務省の開催する事業者間協議の中で指摘され、auは2020年12月25日に、ドコモも2021年1月20日に同タグを削除したという。ちなみにソフトバンクでは同様のタグは設定されていなかった。

 このnoindexタグとは、Google等の検索サイトを使った検索に表示されないようにするためのタグ。つまりドコモとauは、「ドコモ 解約」「au 解約」と検索して解約しようとするユーザーを狙って、ライバルサービスへの流失を妨害していたのかもしれないのだ。
 タグをつけた意図はあくまでも推測で憶測の域を出ないのだが、もし本当にそれを狙っていたのであれば、器が小さいと思わざるを得ない。

ドコモ、au「noindex」解約ページ隠し発覚で、ソフトバンクが評価を上げる!?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidauau解約NTTドコモソフトバンクドコモ解約】の最新ニュースをいち早くお届けします。