PayPay、マイナポイント事業への登録期間延長へ、ソフトバンク経済圏の役割も徐々に拡充か

PayPayが「マイナポイント事業」における決済サービス「PayPay」の登録期間を2021年9月30日まで延長すると発表した。なんとPayPayへの登録は200万件を突破したそう。PayPayといえば、先日にはコンビニのなかでも一段と人気の高い、セブン-イレブンのアプリとも提携を開始しており、ここのところ大きな話題が立て続けに続いている。
マイナポイントの還元対象期間の延長といえば、PayPayのみというわけでもなく、他社キャッシュレスサービスも対象のはず。それが、ここまで大きく話題になっているのは、PayPayの最近の動向に多くの人から関心を寄せられているからか。注目が多く集まるPayPayの動向を追いたいと思う。

マイナポイント取得の条件変更

(Image:paypay.ne.jp)

マイナポイントがもらえる再チャンス

 上述した通り、マイナポイント事業において、総務省からすでに実施期間の終了を9月30日まで延長することが発表されている。加えて、登録者数の目標設定を従来の4,000万人から5,000万人に上方修正。これは実施期間の延長とあわせて、マイナポイント取得の条件が「2021年3月までに、マイナンバーカードの交付“申請”を行うこと」となったこともポイントかもしれない。申請したマイナンバーカードの受け取りを予約制としている自治体も多く、日程が合わずに、なかなか受け取れない人がいる状況を考慮したようなかたちに見受けられる。

 そんな中、PayPayではPayPay残高へのチャージ金額、またはPayPayで支払った金額の25%分(付与上限:5000円相当)が付与されるようだ。また、申込登録をした上でマイナポイント事業の期間中にチャージすると、PayPayマネーライトとしてPayPay残高にチャージされる特典もあるので、これまで「3月終了では厳しいから…」とあきらめていたユーザーも、再び訪れたこのチャンスにマイナンバーカード申請する人も増えるのではないだろうか。

PayPay、マイナポイント事業への登録期間延長へ、ソフトバンク経済圏の役割も徐々に拡充かのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレスソフトバンクソフトバンク経済圏マイナポイントマイナンバーカード】の最新ニュースをいち早くお届けします。