Bluetoothのバージョンを確認する方法! 互換性や音質の違いも解説

Bluetoothのバージョンを確認する方法をご存じだろうか。何気なく使っているBluetoothだが実は、Bluetoothにもバージョンが存在する。そこで本記事ではBluetoothのバージョンを確認する方法を紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

Bluetoothのバージョンとは?

 スマホやカーナビ、イヤフォン、マウスなど挙げればキリがないほど多くの機器で使われているBluetoothだがBluetoothにもバージョンがあることをご存じだろうか。実は、何気なく使っているBluetoothでもそれぞれの機器が対応しているBluetoothにはバージョンがあり、このバージョンが対応・互換性を持っている機器間でしかBluetoothでの通信は行うことができない。そこで本記事ではBluetoothのバージョンを確認する方法を紹介するので、Bluetoothのバージョンを確認したい方はぜひ参考にしてほしい。
 はじめにBluetoothのバージョンについて紹介しよう。多くの方はBluetooth機器を利用するのにバージョンはほとんど気にしていないかと思う。なぜ、Bluetoothはバージョンをほぼ意識することなく利用可能なのかご存じだろうか。それはBluetoothには下位互換性を持っているからだ。下位互換性とは、古いBluetoothバージョンが新しいバージョンのBluetoothで利用できることだ。
 このBluetoothの下位互換性をより分かりやすく、Bluetooth機器の代表であるヘッドフォンを例にとって解説する。たとえば、数年前に購入したお気に入りのBluetoothヘッドフォンはスマホを最新バージョンのBluetoothが搭載されたモデルに乗り換えても引き続き利用できる。これがBluetoothの下位互換性だ。つまり、下位互換性とは上位のバージョンのBluetooth対応機器側が下位バージョンのBluetoothの仕様に合わせて通信してくれているのだ。
 そのため、上位バージョンのBluetoothで搭載されている最新機能は使うことはできないが、下位バージョンのBluetoothで利用されているBluetoothの機能で通信が可能となっている。このような事情から普段はBluetooth対応機器であれば特に意識することなく互換性が保たれており利用することができているのだ。
 ただし、のちほど詳しく解説するがBluetooth 3.0以前のバージョンとBluetooth 4.0以降のバージョンには互換性がないものもあるので、Bluetoothであればどのバージョンでも互換性があると考えるのは危険だ。
 なお、Bluetoothのバージョンには下位互換性があるため、互換性について特に意識することがなく利用できると紹介したが、実際の利用場面ではBluetoothで通信を行う機器間の相性によって通信ができなかったり通信が不安定になってしまう場合もある。特に、スマホとカーナビ間のBluetoothでは相性の問題が多く頻繁に音声が途切れるなどの不満も多いので注意が必要だ。

Bluetoothのバージョンを確認する方法! 互換性や音質の違いも解説のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidBluetoothiPhoneWindows 10】の最新ニュースをいち早くお届けします。