Appleの動画配信サービス「Apple TV +」が「Chromecast with Google TV」で利用可能に

さまざまな動画が視聴できる配信サービス「Apple TV +」が、「Chromecast with Google TV」で利用可能になることをGoogleが発表した。Appleは今後も多くのAndroid TV搭載デバイスにアプリを展開すると発表している。ストリーミング端末「Apple TV」の市場シェアが伸び悩むなかで、動画配信サービスの利用者増加へ繋げられるかが課題のようだ。

「Apple TV +」の利用者増につながるか

コロナ禍でテレビ需要も増し、波に乗る動画配信業界

 2020年11月にGoogleが発売したChromecast with Google TVで、2月18日からApple TV +が利用できるようになった。Apple TV +は月額600円で利用できる動画配信サービス。Chromecast with Google TVは、Appleの「Apple TV」やAmazonの「Fire TV Stick」と同じく、接続することで普通のテレビをスマートテレビに変えるストリーミング端末のことだ。スマートフォンなどの外部デバイスは必要なく、専用のリモコンで設定と操作ができることが特徴である。
 Chromecast with Google TVをテレビに繋げることでさまざまな映像や音楽などのアプリが使えるようになるのだが、そのラインナップに先月から「Apple TV +」が加わったというわけだ。ストリーミング端末としては、ChromecastやFire TVに先行されている状況のApple TV。とくに、SONYやTCLのテレビにはGoogle TVが標準搭載されているモデルも多く、ただGoogleをライバル視するのは得策とは言えない。動画や音楽などを視聴するアプリを楽しめるプラットフォームとしてのGoogle TVの躍進。Apple TV +はすでにFire TVでは見られるが、ストリーミング端末の市場シェアが伸び悩むなかで、動画配信サービスの利用者を増やす糸口にしたいというAppleの思惑が見て取れる。

Appleの動画配信サービス「Apple TV +」が「Chromecast with Google TV」で利用可能にのページです。オトナライフは、【動画・音楽Android TVAppleApple TVChromecast with Google TVGoogle】の最新ニュースをいち早くお届けします。