Appleの動画配信サービス「Apple TV +」が「Chromecast with Google TV」で利用可能に

あふれる動画配信サービス、手を打たなければおしまい?

(Image:DenPhotos / Shutterstock.com)

競争の激しい動画配信サービスの世界で生き残れるか?

 こうしたシェア拡大の策も必要だが、動画配信サービスが数多あるなか、最終的にはユーザーの満足度がものをいうことは間違いない。Appleが提供するサービスという優位性はあるものの、Apple TV +に抱かれる一番の不満はコンテンツの少なさだろう。視聴できる作品は約100タイトルだといい、Amazonのプライム・ビデオやNetflixに比べると物足りない印象は否めない。一方で、見放題作品のほとんどがオリジナルであったり、コロナ禍で公開延期となったトム・ハンクス主演劇場作品の配給権を購入し独占配信したりするなど、資金力のあるAppleならではの良質な作品を選りすぐっているという見方もできる。しかしオリジナル作品という枠で考えればNetflixも強く、作品数では桁違いであることから、やはりApple TV +には“劣り”を感じる。
 そんなApple TV +だが、正規販売店から購入したiPhoneなどのApple製品には1年間の無料体験がついている。iPhoneシェア率の高い日本なので「テレビの大画面で見られるなら……」と利用してみるユーザーが増える可能性もなくはない。

参照元:「Apple TV +」が「Google TV」で利用可能に【ケータイ Watch

※サムネイル画像(Image:Ivan Marc / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Appleの動画配信サービス「Apple TV +」が「Chromecast with Google TV」で利用可能にのページです。オトナライフは、【動画・音楽Android TVAppleApple TVChromecast with Google TVGoogle】の最新ニュースをいち早くお届けします。