Twitter新機能「Super Follow」導入でYouTuberならぬTwitterer(ツイッタラー)が生まれる?

Twitterで、フォローした人にお金を払える課金システム「Super Follow(スーパーフォロー)」機能が検討されていることが明らかになった。Super Followされた人は、お金を払ってくれた人に特典を提供することができる。Twitterとしては初の試みとなり、SNSを通してクリエイティブ活動をするユーザーが収益化できるしくみに注力する姿勢か。

新機能「Super Follow」で好きなクリエイターを応援

(Image:Twin Design / Shutterstock.com)

投げ銭システムの導入はSNSの流行でもある

 Twitterが2月25日、投資家向けのイベントで現在検討中の新機能を発表した。そのひとつがSuper Followと呼ばれる有料フォローシステムだ。たとえばTwitterで作品を発表しているクリエイターは少なくないが、ユーザーはお金を払ってクリエイターの活動を応援できるようになる。支援を行ったユーザーはサポーターバッジと呼ばれる認証がもらえるほか、クリエイターから特典コンテンツやニュースレターの購読といったサービスを受けられるなどの特権が得られるというしくみだ。

 こういったパトロンサービスは、他の媒体でもすでに存在している。街中でパフォーマンスを披露するストリートミュージシャンや大道芸人が観客にお金を投げ入れてもらうイメージから「投げ銭システム」という呼び方もされ、YouTubeの投げ銭機能にあたるのが「Super Chat(スーパーチャット)」だ。Super Chatで投げ銭をすると、ライブチャットや動画公開時にチャット欄で自分のメッセージを目立たせる権利が得られる。ほかにも、ブログ形式のnote(ノート)、ファンレターと一緒に投げ銭ができるofuse(オフセ)、ライブ配信サービスSHOWROOM(ショールーム)などでも同等のサービスがある。
 YouTubeの場合、Super Chatを利用するクリエイター側となるためには条件があるなどサービスによって運営方法はさまざまだが、そこにTwitterも参入するとなれば新しい可能性がひらけそうだ。

Twitter新機能「Super Follow」導入でYouTuberならぬTwitterer(ツイッタラー)が生まれる?のページです。オトナライフは、【SNSSuper FollowTwitterツイッタラー】の最新ニュースをいち早くお届けします。