PayPay、LINE Payの強力タッグで飛躍不可避!シナジーで世界も手中に?

LINE株式会社と「PayPay」を手掛けるZホールディングス株式会社は3月1日、経営統合が完了したことを発表した。統合完了を伝えたプレスリリースでは、今後グループ全体として取り組んでいく「根幹領域」や「集中領域」についても言及した。すでに国内でも有数の規模を誇るソフトバンク経済圏が、LINEとのシナジーによってさらなる飛躍を遂げる未来が描かれている。
そんな中で合わせて伝えられたのが、両者の統合で動向が注目されていた「PayPay」と「LINE Pay」というライバルサービスの今後だ。なんと4月下旬以降から、全国のPayPay加盟店のうちユーザースキャン方式の加盟店でLINE Payでの決済も可能になるという。決済サービスが集約することで利用範囲が広がるためユーザーがより楽しめるサービスに展開する。こうしたQRコード決済アプリ同士の連携は、今後も増えていくのかもしれない。

サービスのバリエーションを進化させる

利用者がQRコードを読み取るユーザースキャン形式での支払い

 Zホールディングスグループは、今回の経営統合によって「国内最大規模のインターネットサービス企業グループ」となったことを伝えている。国内で展開するサービスの数は200超、国内総利用者数3億超。国内総クライアント数と自治体との総連携案件数も、それぞれ約1,500万、3,000超となり、グループ従業員は2.3万人に膨れ上がったとしている。
 加えて、「情報」「決済」「コミュニケーション」という日常生活に欠かせない3つの起点を持ったことで課題解決の力も向上したとして、より豊かで便利な暮らしの実現に貢献することを宣言している。まさに消費者にとっては、この経営統合によって生活の利便性や選択肢が増えることになりそうだ。

PayPay、LINE Payの強力タッグで飛躍不可避!シナジーで世界も手中に?のページです。オトナライフは、【マネーLINELINE payPayPayソフトバンク経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。