日本の5Gも席巻必至? ファーウェイ(HUAWEI)本気の技術力がヤバすぎる

中国の通信機器大手・ファーウェイ(HUAWEI)は2月22日、新しいビジネス向け5Gソリューション「5GtoB Solution」を発表した。5GtoB Solutionでは、ファーウェイが5Gインフラの構築から担当するといい、ゼロからスタートする企業でも容易に導入できることが予測される。コロナ禍で急速なデジタル化が求められている現代に非常にマッチしたソリューションであることは確実で、今後日本に上陸してきた際にも多くの企業が興味を示すことになりそうだ。
今回は、5Gで進むデジタル化についてお伝えしていきたい。

ファーウェイが進める5Gの世界的普及

5Gが世の中に広がれば、私たちの生活はさらに便利になるだろう

 5Gとは、現在世界的に普及が進められている新たな通信規格で、日本でも2020年から各スマホキャリアが都心部を中心に普及を進めている。5Gの特性は「高速・大容量」「低遅延」「多数端末接続」とされ、リアルタイムで大量のデータを送受信できることからスポーツやコンサート等の映像を思い思いの視点から楽しんだり、自動車の自動運転技術の実現にも寄与するとされている。一方でこれまでの4Gの基地局では5Gを利用することができないため、現在キャリア各社が基地局のアップグレードを進めている最中だ。

 そんな5G環境が未発達の日本だが、ファーウェイの提供する5GtoB Solutionでは「5GtoB Network」「5GtoB NaaS」「5GtoB App Engine」「5GtoB Marketplace」という4つの項目があり、5GtoB Networkではファーウェイ自ら顧客となった企業に5Gインフラを構築・保守・最適化するという。加えて「販売から運用、サービスまでを網羅するワンストップの環境を提供」するため、まさに5Gの普及が進んでいない日本では重宝されそうなソリューションだと言えるだろう。

日本の5Gも席巻必至? ファーウェイ(HUAWEI)本気の技術力がヤバすぎるのページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GHUAWEIスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。