東京ドームに「顔パス(顔認証システム)」で入れる? 顔が盗まれる懸念はないの?

近年、指紋や顔、静脈、虹彩、音声などによる生体認証技術が進み、さまざまな場面で鍵やパスワードの代わりに生体認証による本人確認が利用されるようになってきた。なかでも、新型コロナウイルスの流行を背景に、世界中で急速に広がっているのが顔認証システムだ。
日本でも先日、パナソニックが株式会社東京ドームなど3社と協業し、東京ドームにおいて顔認証を利用した入場や決済サービスなどの実証実験を開始した。今後は私たちの生活の当たり前になっていくのか、そのメリットやデメリットともに考えたい。

広がる顔認証、進むオンライン、キャッシュレス化

急成長している顔認証市場だが、課題も多い

 現在パナソニックは株式会社読売巨人軍など3社と協業し、顔認証の技術を用いた実証実験を東京ドームにおいて行っている。入場の際の本人確認だけでなく、飲食物やグッズ等の買い物時の決済にも顔認証を利用し、完全キャッシュレス化を導入。これは2022年シーズンからの本格導入に向けたトライアルで、入場等待ち時間の軽減や、接触機会の低減による感染症対策、チケット紛失やなりすまし等のリスク低減が狙いだ。
 パナソニックの進化した顔認証技術は、顔の経年変化やメガネ、マスクなどに影響をうけにくく、マスク必須の現在であっても、アミューズメントパークやオフィスなど幅広く利用されている実績があるのだという。
 サービスを受けるためには利用者は事前に顔画像を登録することが必須となる。あらゆるもののオンライン、キャッシュレス化が進んでいる。デジタル化により、高齢者らがエンタメから遠ざかってしまわないような配慮も今後は必要となってくるだろう。

東京ドームに「顔パス(顔認証システム)」で入れる? 顔が盗まれる懸念はないの?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ東京ドーム顔認証】の最新ニュースをいち早くお届けします。