Amazonのアプリアイコンがひっそり変更! 矢印マーク上の「ちょびヒゲ」が原因?

Amazonは、1月にiOSアプリのアイコンをアップデートした。その際のアイコンは、段ボールの上にギザギザとした青いテープがあしらわれ、ニコッと笑いかける口元を矢印で表現したデザインだった。ところがそのアイコンはとくに発表もなくひっそりと修正され、現在は段ボールにギザギザのないフラットな青色のテープが貼られ、その一部が剝がされている、というデザインに。
このAmazonのアイコンの微調整はユーザーの指摘がきっかけだと言われているが、Amazonはいったいなぜこのような変更をほどこすことにしたのだろうか…。

アイコンがある歴史上人物を彷彿とさせた?

(Image:Tada Images / Shutterstock.com)

豊富な品揃えとスピーディーな対応のAmazon

 今回刷新されたAmazonのアイコンだが、一部ネット上から「ナチスドイツを率いたアドルフ・ヒトラーのヒゲに似ている」とささやかれており、アメリカの大手ニュースメディアにも取り上げられるなどして欧米で話題を呼んだようだ。ロゴとしても有名な「amazon」というアルファベットの下に描かれた口元に見立てた矢印を、今回のアプリでも今回のアイコンでも使用したのはやはり「その矢印があれば世界中の人が『Amazonのサービスだな』と認識できるから」だろう。
 おそらくその狙いは間違いではなかっただろうが、その矢印のマークの上に“ちょびヒゲ”のようにテープを配置したのが運の尽き。自然と欧米ではアンタッチャブルなモチーフに寄ってしまったようだ。
 Amazonの広報担当がアメリカのウェブメディア「The Verge」に語ったところによると、このちょびヒゲアイコンに“利用者からのフィードバック”があったといい、指摘された問題点については明らかに今回の“ちょびヒゲに見えないテープ”へと変更されたようだ。

どんな商品でも人それぞれデザインの見え方は違う。今回刷新したアイコンでさえ、「○○に似ている」と声を上げる人はいるだろう。そんな中で、炎上を未然に防ぐためにデザインを微調整したのは正しい判断と言えるかもしれない。

Amazonのアプリアイコンがひっそり変更! 矢印マーク上の「ちょびヒゲ」が原因?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazon】の最新ニュースをいち早くお届けします。