マクドナルドが外食チェーン総合利用率1位に、アプリを活用できた企業が上位にランクイン

コロナ禍によってどの業界においても少なくない影響が出る中、とくに変化を求められることになった外食産業。そんな中、2020年2月に実施された大手外食チェーンの利用に関する調査で、ハンバーガーチェーン店のマクドナルドが圧倒的な強さを見せたという。そう言われてみれば、緊急事態宣言が出た後も、昼間にマクドナルドで並ぶ行列が店外まで伸びていたり、夜遅くてもテイクアウトで営業していたり、という印象があるようにも思える。そんな影響もあって、圧巻の順位を手にしたのだろうか。今回の大手外食チェーン店のアンケートについて追いたいと思う。

外食・テイクアウト・デリバリー・どれもマクドナルドが人気

(Image:prtimes.jp)

ミスタードーナツ、ケンタッキーも健闘

 上述の通り、株式会社スパコロは、東京都・大阪府在住の1,855名を対象に実施した「コロナ禍における大手外食チェーン利用率の調査」を発表。外食・テイクアウト・デリバリーの利用方法ごとにそれぞれの現状について調査結果を報告している。その順位だが、なんと2020年12月以降に最も利用された総合利用率チェーン店はマクドナルドがトップを獲得し、数値として47.3%という結果に。今回の調査を項目別に見てみても、外食・テイクアウト・デリバリーといったすべての部門でマクドナルドが1位を獲得しており、他社を引き離しての圧倒的な強さを見せつけた形になっている。

 その他、総合利用率の順位としてはマックについで、ミスタードーナツが22.9%、ケンタッキーフライドチキンが22.6%を記録。外食利用率では、比較的ファストフード店の利用が高くなった。また、テイクアウト利用率では、時短営業の影響による外食から、テイクアウトへの需要シフトにうまく対応したチェーン店が上位に名を連ねたように思える。

マクドナルドが外食チェーン総合利用率1位に、アプリを活用できた企業が上位にランクインのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフフードデリバリーマクドナルド】の最新ニュースをいち早くお届けします。