Google Pay米国で大幅リニューアル! 利便性向上も不安は移行作業の煩雑さ?

アメリカで「Google Pay」が大幅なリニューアルを遂げていることをご存知だろうか。そのリニューアル範囲は非常に広く、これまでGoogle Payを使っていた既存ユーザーも移行作業が必要になってくるようだ。日本ではまだアプリ等への変更はかけられていないというが、もし移行が必要となってきたら面倒ごとを嫌ったユーザーが他サービスへと流失する可能性もあるのではないだろうか。
今回は、発表されたGoogle Payのリニューアルやその目的、さらには日本国内での展望について考えていきたい。

新たな時代に対応するためのリニューアル

(Image:sdx15 / Shutterstock.com)

Google Payが進化する

 今回のGoogle Payのリニューアルが公開されたのは2020年11月。“新Google Pay”では個人間決済が重視されたり特典やディスカウント、割り勘機能等の日々の支出に関わる分野がより直感的に見られるユーザーインターフェースになったりと、「ユーザーのあらゆる金融取引の中心になろうとしている」と語られている。

 しかし現状アメリカでの様子を見ると、ユーザーは自ら“旧Google Pay”から“新”への移行を行わなければアップデートされないようだ。移行の際に“旧”にあった残高は、そのまま引き継いだりGoogleのサポートを受けながら手動で銀行へと移すことが可能だという。またアプリサービスの利用最低年齢が16歳から18歳へと引き上げられているといい、もしかするとその規約によって弾かれてしまう人が出てくる可能性もゼロとは言えなさそうだ。

Google Pay米国で大幅リニューアル! 利便性向上も不安は移行作業の煩雑さ?のページです。オトナライフは、【マネーGoogleGoogle Payキャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。