ヤフーとLINEの統合で、Amazonと楽天に対抗! EC分野シェア争いが激化?

3月1日、ヤフーを傘下に持つZホールディングス株式会社とLINE株式会社が経営統合し、新生Zホールディングスが誕生した。両社の統合は、多くのサービス利用者の目に触れたこともあり、同日から大きな話題となっているが、中でも気になるのは今回の経営統合で起こり得る対Amazon対楽天への展望についてかもしれない。Zホールディングスがヤフーと「LINE」を手にして統合した今、最もそのシナジーが発揮されるのはEC分野となる予感がする。両者を統合したZホールディングスが、Amazon・楽天という“EC2大巨頭”に挑む様相になるのか、今後の展開を追いたい。

Amazonと楽天は創成期から圧倒的なシェアを誇る

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

買い物に失敗しないという前提が必要不可欠

「日本にあるECサイトで2トップはどこか」と聞かれれば、多くの人が「Amazon」もしくは「楽天」と答えるだろう。傍から見ていてもわかるほどに、2社は他のネット通販サイトと比べて圧倒的なシェアを誇っている。両社は創成期から変わらない存在感を発揮しており、アンケートサイト・ボイスノートの実施した通販サイト利用に関するアンケートでも、最も好きな通販サイトランキングでは、1位「楽天市場」、2位「Amazon」、3位「Yahoo!ショッピング」という結果を残している。

 Amazonと楽天の強みについては、「はじめての買い物でも失敗しにくい仕組みがすでに整っていて、不安材料が少ない」というのが大きな要因であり、長年その地位を保っていたブランドの優位性によるところが大きい。そんな仕組みの中でも最大の特徴は、創成期から蓄積してきたレビューや口コミの多さと正確さだ。「フェイクレビュー」のような、企業が意図的にレビューを増やすような行為も規制されており、物を買うことにおいて失敗しにくさが常に備わっているような状態にあることが最大の強みのよう。この蓄積があるからこそAmazonと楽天はECサイトの2大巨頭であるともいえそうだ。

ヤフーとLINEの統合で、Amazonと楽天に対抗! EC分野シェア争いが激化?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonLINEYahoo!Yahoo!ショッピング楽天楽天市場】の最新ニュースをいち早くお届けします。