回らない寿司「小僧寿し」がある理由でV字回復? 激戦の回転寿司3社にどう対抗する?

回転寿司チェーンの台頭で潰れかけていた持ち帰り寿司の「小僧寿し」が、コロナ禍のデリバリー需要の波に乗りV字回復を遂げている。子どものころの懐かしい思い出として記憶に残っている世代、そして当時を知らない新しい世代からも支持を集めることができるか。熾烈な争いを繰り広げる寿司業界での、今後の動向に注目だ。

「小僧寿し」がデリバリー事業で復活の兆し

(Image:Rodrigo Reyes Marin / Shutterstock.com)

スシローやくら寿司、はま寿司などただでさえ寿司業界は激戦

 かつて寿司業界のみならず、外食産業のトップに立ったこともある持ち帰り寿司の小僧寿しをご存知だろうか。有名なのがお子様セットにあたる「ドラえもん寿司」だ。かわいらしい容器が人気で、再利用して家や遠足などで使う子どもたちも多かった。
 1964年に創業した「スーパー寿司・鮨桝」からはじまり寿司業界で一斉を風靡したが、その立場はすっかり回転寿司チェーンに奪われてしまっている。外食はもちろんテイクアウトもできる回転寿司を前に、「持ち帰り専門」であることの意義はどんどん薄れてしまったのだ。2000年代に失速してからラーメンやピザなど寿司以外のジャンルにも乗り出していたが振るわず、正直なところコロナ禍がなければ小僧寿しには廃れていく道しかなかった。しかし、ここにきて追い風となったのがコロナ禍前から力を入れはじめていたデリバリー事業であり、ついに赤字を黒字とすることに成功したのだ。

回らない寿司「小僧寿し」がある理由でV字回復? 激戦の回転寿司3社にどう対抗する?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフフードデリバリー小僧寿し】の最新ニュースをいち早くお届けします。