楽天ポイントが勝手に増えると噂の「ポイント運用」をやってみた! 1年後に驚きの結果が!?

楽天市場を中心に様々なお店や施設の利用で貯まる「楽天ポイント」。貯まった楽天ポイントはそのまま支払に利用できるので、どっぷり楽天経済圏に浸かっている人も多いだろう。だが、楽天ポイントの使い道はそれだけではない。今、密かにブームになっているのが“楽天ポイントが勝手に増える”と噂される「ポイント運用」だ。そこで今回は、実際に筆者が楽天ポイントが増えるかどうか検証してみたいと思う! 1年間運用した結果やいかに!?

気軽に楽天ポイントで投資体験ができる!

(Image:point.rakuten.co.jp)

 楽天経済圏にどっぷり浸かっていると、数万~数十万ptも楽天ポイントを貯めている人がいるそうだが、実はその楽天ポイントをさらに増やす方法があるのをご存じだろうか? それが最近、密かにブームとなっているのが“楽天ポイントが勝手に増えていく”と噂される「ポイント運用」である。
 楽天の「ポイント運用」は、楽天ポイントを使って疑似投資体験ができるサービス。貯まっている楽天ポイントを投資すると、投資信託の基準価額に連動して楽天ポイントが増減するのである。いきなり本格的に投資信託をするのは怖いという人でも、現金を使わないポイント運用なら、気軽に投資体験を始められるだろう。
「ポイント運用」は「楽天ポイントクラブ」アプリから簡単にできる。わざわざ証券会社に口座を開設する必要はなく、100ptから手軽に始められるのが魅力。もちろん、何の予備知識も必要ない。一度ポイントを追加すれば、あとはポイントがどうなるか見守るだけでいいのである。

「ポイント運用」と「ポイント投資」の違いは?

 楽天には「ポンイント運用」以外に「ポイント投資」もある。「ポイント投資」もポイントを使って投資するサービスだが、「ポイント運用」と大きく違うのは、楽天証券で口座を開設する必要があり、実際に国内株式、投資信託、バイナリーオプションといった投資商品をポイントで購入して運用をすること。つまり、現金ではなく楽天ポイントを使って本物の投資をすることになるのだ。
 ちなみに「ポイント運用」はいくらポイントを増やしても現金に換えることはできないが、「ポイント投資」は増えたポイントを現金に換えることもできる。もし、「ポイント運用」で経験を積んだら、本格的な投資にチャレンジするのもアリだろう。

(Image:rakuten-sec.co.jp)

こちらは本格的な投資を行う「ポイント投資」。株式、投資信託、バイナリーオプションといった投資商品にポイントを本当に投資できるサービスである

楽天ポイントが勝手に増えると噂の「ポイント運用」をやってみた! 1年後に驚きの結果が!?のページです。オトナライフは、【マネーポイント運用楽天楽天ポイント楽天ポイントクラブ楽天経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。