そもそも、GoogleスプレッドシートとExcel(エクセル)は何がどう違う? を解説

同じ表計算ソフトとして有名な「Excel(エクセル)」と「Googleスプレッドシート」。互換性はあるものの、その違いがよく分からないという人は多いだろう。そこで今回は、「Excel」と「Googleスプレッドシート」は何がどのように違うのか解説しよう。

「Excel」と「Googleスプレッドシート」は何が違う?

 表計算ソフトといえば「Excel(エクセル)」が有名だが、Web上では「Googleスプレットシート」というサービスも利用できる。この2つは非常によく似ており、実際に互換性もあるので、違いがよく分からないという人も多いだろう。果たして何がどう違うのか?
 まず、「Excel」は1989年からMicrosoftが販売している有料の表計算ソフト。関数やグラフ表示、マクロが組めるなど機能性に優れており、多くの会社や個人に利用されている。また、画像などを挿入していなければファイルサイズが軽いため、メールでのやり取りも可能だ。現在はWord、PowerPointとともにOfficeソフトの代表的な存在となっている。
 一方、「Googleスプレッドシート」はGoogleが開発した表計算ソフト。WindowsはもちろんiOSやAndroidなど、主要なOSにおいて無料で利用できる。もちろん、Webブラウザ「Chrome」でも利用でき、Excelと互換性もあるため、案外、意識せずにExcelのWebとして使っている人も多いのではないだろうか? 

左上が「Excel」、右下が「Googleスプレッドシート」である。Excelはパソコンで使える有料ソフト、「Googleスプレッドシート」は「Chrome」で使える無料のWebサービスである

そもそも、GoogleスプレッドシートとExcel(エクセル)は何がどう違う? を解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスExcelGoogleMicrosoftスプレッドシート】の最新ニュースをいち早くお届けします。