テレワーク後進国の日本で、1年間テレワークを経験した会社員たちの今。

2020年4月に1回目の緊急事態宣言が出されてから、およそ1年。政府の要請を受け企業もテレワークを続々と導入し、テレワーク生活が1年続いている、という人も少なくないだろう。働き方が大きく変わった1年だったが、1年が経った今、人々はテレワークという働き方についてどう感じているのだろうか?テレワークに関するアンケート結果から、今多くの人が感じているメリットとデメリット、今後の働き方についても考えていきたい。

7割の人がテレワークを好意的に捉えていることが判明

テレワークの導入は私たちの生活を一変させた(一般社団法人日本セルフエスティーム実践協会調べ)

 一般社団法人日本セルフエスティーム実践協会は2021年2月、現在テレワークを実施している会社員110名を対象に、「テレワークの実態」に関する調査をインターネット上で行い、その結果を発表した。それによると、「総合的に、あなたにとってテレワークはプラスマイナスどちらに作用しているか教えてください」という問いに関して、22.3%の人が「非常にプラスである」、48.1%が「プラスである」と答えていて、プラスに捉えている人が70.4%もいることが判明した。
 
 その理由については「通勤時間がなくなった」ことなどから「プライベートな時間が増えたこと」が最も多く61.8%、続いて「仕事の進め方を自分で自由に決められるようになった」が35.5%だった。多くの人がより快適な働き方だと感じているようだ。
 
 だが一方で、「仕事とプライベートの区別ができなくなった(32.4%)」「職場の人間関係が悪化、または希薄になった(21.3%)」「仕事への評価が正しくされていない(20.4%)」などのデメリットの声も。
 企業と個人双方の努力によりこの1年間でテレワークの環境や仕事の進め方などが随分と整えられ、より快適なテレワーク状況が進んでいる一方で、当初から懸念されつつもいまだ改善されていない問題点もまだ課題として数多く残っているようだ。

テレワーク後進国の日本で、1年間テレワークを経験した会社員たちの今。のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネステレワーク在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。