コロナでさらに急増、女子ウケも上々な“スイーツ男子”仕事とスイーツには深い関係も

最近ではスイーツ男子という言葉はすっかり定着し、男性が甘いものを好きだと言っても驚かれることはなくなってきた。株式会社ぐるなびが実施したスイーツに関するアンケートによると、男性の47%が「週に1回以上スイーツを食べる」と回答した。ほぼ半数の男性が日常的にスイーツを口にしていることが分かった。今またスイーツ男子が増えているらしいが、アンケートの結果とともにその実態と理由を探りたい。

コロナ禍がスイーツ需要を後押し。30代男性の食べるタイミングには深い理由も

スイーツを食べると気分が上がり気持ちが安定し、やる気もアップする

 コロナ禍でお家時間が増えたことにより、男性のスイーツへの需要も高まっているようだ。株式会社ぐるなびが2月19日〜20日に全国の20代から60代のぐるなび会員1,000名を対象に行った「“スイーツ”に関する調査」では、「週に1回以上スイーツを食べる」と回答したのは全体で61%、男女別では女性が約75%、男性が47%だった。さらに「コロナ禍でスイーツにかけるお金の変化」について、男性の約22%の人が増えたと答えている。

 またどのようなタイミングでスイーツを食べているのかを聞いたアンケートでは興味深いことが分かった。20代の男性では「食事の合間・おやつ」という選択肢を選んだ人は一番少なかったが、30代の男性は49.3%の人が「食事の合間・おやつ」と答え最も多かった。20代のうちは「体が疲れたとき」や「自分へのご褒美」にスイーツを食べる傾向があるのに対し、30代になるとより日常的なおやつとしてスイーツを食べる人が多くなるようだ。
 この調査結果から考えられるのは、責任が増す働き盛りの30代になるほど、仕事中の気分転換や息抜きに、スイーツやお菓子をつまむ人が増えてくるのではないだろうか、ということかもしれない。

コロナでさらに急増、女子ウケも上々な“スイーツ男子”仕事とスイーツには深い関係ものページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフスイーツ男子】の最新ニュースをいち早くお届けします。