Twitter新サービスがClubhouse(クラブハウス)殺しすぎると話題に

まさか「Clubhouse」はこのまま“一発屋”で終わってしまうのだろうか。そう思われてしまうくらいに凋落が激しいClubhouseだが、さらなる逆風にさらされだしたようだ。今度は「Twitter」でも、Clubhouseに似た音声サービスがスタートした。これまで脚光を浴びてこなかった「音声SNS」というジャンルを一気にメジャーな存在に押し上げた功績はたたえられるべきだが、Clubhouseはこのまま消えてしまうのか。
今回は、隆盛を迎えた音声SNS界隈と、立役者でありながらその盛り上がりと反比例するように存在感を失いはじめているClubhouseについてお伝えしていきたい。

大手SNS・Twitterでも音声サービスを開始!

(Image:Sattalat Phukkum / Shutterstock.com)

Twitterは国内外で多数のユーザーを誇る人気SNSだ

 Clubhouseの新たな対抗馬とも言えるTwitterの新サービスは「スペース」と呼ばれるもので、Twitterはこれを「音声を使って自分たちで作り上げるTwitterのコミュニティ」であると伝えている。現在は限られたユーザーのみがスペースを作成できる公開テストを開催し、そのフィードバックによってサービスの質を向上させていく段階のようだ。
 現状では「クローズドなスペースをつくれない」「非公開アカウントはスペースに参加できない」といった使いづらさもあると指摘されているが、そうした部分を洗い出すたたき台としては有効に機能していると言ってもいいかもしれない。

Twitter新サービスがClubhouse(クラブハウス)殺しすぎると話題にのページです。オトナライフは、【SNSClubhouseTwitter音声SNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。