今年発表予定のiPhone 13ではノッチエリアが縮小? iPhone 14はパンチホール型?

近年、スマホ画面上のフロントカメラ部分はノッチ型とパンチホール型に分かれており、「今年発表される予定のiPhone 13ではノッチが小さくなる」という情報が流れている。どちらを採用してほしいかユーザーの意見は分かれているが、iPhoneシリーズはノッチ型で通すつもりなのかもしれない。しかし「iPhone 14ではパンチホール型になる」という噂もあるなどいまだに情報は錯綜している。

ディスプレイを大きくしたことで目立つようになった“ノッチ”

慣れればそれほど気にならないノッチだが……(筆者撮影)

 スマートフォンを見ていると、ときどき邪魔に感じてしまうのがディスプレイ上部の大きな「ノッチ」だ。ノッチとは、スマートフォンのベゼルが狭くなったころから画面の上に登場した黒いへこみのような部分の名称で、フロントカメラや通話時に使う受話口、ディスプレイの明るさを自動調整する機能を担う環境光センサー、通話時の誤操作を防ぐ近接センサーなど、スマホ操作に必要不可欠な機能が組み込まれている。しかし、どうしても見た目のスマートさを台無しにしているのが欠点で、使用するアプリによってはタップしたい部分がノッチに隠れてしまうという残念な状況もある。

 日本で高いシェアを誇るiPhoneは、長らくこのノッチ型を採用してきた。ところが一部では「2022年に発表予定のiPhone 14ではパンチホール型が採用される」という噂も流れているのだ。パンチホール型とは、ディスプレイ上にフロントカメラのレンズだけが独立して存在するスタイルで、Galaxyなどが採用している。今年発表される予定のiPhone 13では小さくデザインされたノッチ型でいくという話も聞くので、もしかするとノッチ型を採用した最後のiPhoneになるかもしれない。

今年発表予定のiPhone 13ではノッチエリアが縮小? iPhone 14はパンチホール型?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 13iPhone 14ノッチパンチホール型】の最新ニュースをいち早くお届けします。