LINEモバイル、ドコモ回線が利用不可に。ソフトバンク傘下で競合他社利用に制限?

LINEモバイルが4月6日以降に、システム改修のためドコモ回線を利用する音声通話SIMの一部でVoLTE通話を非対応にする予定だと伝えた。LINEモバイルによると、LINEフリー・コミュニケーションフリー・MUSIC+のプランに加入しているドコモ回線利用者は、新プランのベーシックプランに変更が必要となるという。VoLTEが利用不可になることで、通話の音質は従来の3Gになるという。3Gは、ガラケー時代の通信に相当するスペックだ。第五世代移動通信システムとして5Gが普及しはじめた現代に3G回線を使っているとしたら、おそらく周囲も驚いてしまうことだろう。旧プランを長く使っていたユーザーは、どのような心境でこの発表を見ているのだろうか。

LINEモバイルのプラン変更は3月31日まで

(Image:mobile.line.me)

ソフトバンク傘下になったことで、競合他社での通信がご法度になった?

 3月31日の11時をもって新規加入の受付を終了することが伝えられているLINEモバイル。同日以降もプラン変更やSIMカードの変更、再発行といった手続きは可能である。しかし、これを機にドコモ・au回線に変更したいというユーザーは同時刻までに対応しなければならないともいい、期限を迎えた後はソフトバンク一択となるようだ。また、VoLTEが使えなくなった場合、3G回線交換による通話が可能になる。競合他社の回線利用に対して、より一層シビアになる模様だ。
 5Gで高速通信の利用が促進されている現代において、3G回線で通話できるメリットが薄いと感じる人も多いのではないか。VoLTEが利用できることによって高音質の通話が可能になっていたが、それが利用不可となるのはユーザーにとって非常に痛手だ。LINEモバイル内で旧サービスやプランを切り離しにかかっていることが見受けられる。

LINEモバイル、ドコモ回線が利用不可に。ソフトバンク傘下で競合他社利用に制限?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidauLINELINEモバイルVoLTEソフトバンクドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。