ソフバンがThinkPadの世界初フォルダブルPCを独占販売、他キャリアからも熱い視線?

ソフトバンクが、世界初の画面折りたたみ式PC「ThinkPad X1 Fold」とスマホ「razr 5G」を取り扱うことを発表。モトローラ・モビリティ・ジャパン合同会社、レノボ・ジャパン合同会社から発表されたこの新製品を、ソフトバンクが日本キャリアとして独占で販売するよう。なんといってもこの製品の注目すべき点は、ディスプレイそのものを折り曲げられる「フォルダブル」という特徴。折りたたみスマートフォン等で身近になりつつあるものの、今は見慣れないフォルダブルをソフトバンクが取り扱うことで今後、浸透していくか注目が集まる。今回の独占販売について追っていきたいと思う。

5Gがさらに浸透するか

(Image:Framesira / Shutterstock.com・lenovo.com/jp)

トクするサポートで値段は半額相当に。ソフトバンクが扱う、スマホ「razr 5G」(上写真)と画面折りたたみ式(フォルダブル)PC「ThinkPad X1 Fold」(下写真)

 ThinkPad X1 Foldの特徴を挙げていくとすると、まずは上述した通りフォルダブルというディスプレイを折りたたむことができる仕様、つまり本のようにたためるということだ。フラットに開くと、13.3 型の美しいディスプレイが一面に広がるさまは、新たな PC 体験を実現したハイブリッドテクノロジーだとも言えそう。コンパクトに折りたためるPCは、仕事でも遊びでも使いやすそうと評判だが、特筆すべきところは5Gに対応し、モバイルネットワークを通していつでもインターネットに接続できる点なのかも。いつでも5G回線に対応しているため、外出先でも大画面でパソコン操作できる点はコロナ禍でリモートワークでの就業が求められるようになった中、ユーザにとっては購入を検討するポイントと言えそう。

 そんな中、実際に「良いかも」と思った人にとって気になるのがこのパソコンのお値段。ThinkPad X1 Foldの値段は、なんと40万2,480円との発表が。やはり高額でしたと諦めたくもなるが、取り扱うのは何といってもお得なキャンペーンを展開することに長けたソフトバンク。ThinkPad X1 Foldに対して、トクするサポート+を適用可能としている。内訳をみてみると、2年後に端末を返却する前提であれば、半額の20万1,240円で利用が可能なようで、これは少しハードルが下がった、という人も一定数いるかもしれない。

ソフバンがThinkPadの世界初フォルダブルPCを独占販売、他キャリアからも熱い視線?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidrazr 5GThinkPad X1 FoldスマホソフトバンクフォルダブルPC折りたたみスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。