マイクロソフトの「Group Transcribe」がサラリーマンの凄い味方になるかも!

マイクロソフトの社内インキュベータープログラム「Microsoft Garage」が、会議の内容を文字起こしできる新たなプロジェクト「Group Transcribe」を発表した。会議参加者それぞれのデバイスで会議の内容を記録することで、各人の音声をデバイスのマイクが認識。今まで以上に精度の高い文字起こしが実現可能になるという。コロナ禍におけるリモートワーク拡大から、音声認識技術は向上し続けている。こうした議事録アプリの需要は、サラリーマンを中心にさらに増加していくことになるのではないだろうか。

80以上の言語での翻訳機能も追加に

クラウドサービスで参加者それぞれの発言を差別化

 アプリの使用には、会議参加者がそれぞれに自分のデバイスでアプリを立ち上げる必要がある。参加者の音声を、各デバイスで拾い上げるためだ。その後会議がスタートすると、リアルタイムで文字起こしがスタート。アプリに搭載されたAIの音声言語技術向上から、より高精度に音声を聴き分けられるようになった。
これまでは大勢のメンバーが参加する会議では、マイクから遠いことで声が聴きとれなかったり、話者の区別が困難だったりとあらゆる障壁があった。そんな中で、このGroup Transcribeは、一人ひとりの音声を容易に区別できるようになり、音源を聴きなおす必要もなくなり作業効率も上がりそうだ。さらに、ゆくゆくは80を超える言語の翻訳機能も搭載される予定だという。リアルタイムで内容を翻訳してもらえるため、会議の直後に即座に議事録を送ったりすることもでき多くの会議に追われているサラリーマンの支持を集めることとなってもおかしくはないだろう。

マイクロソフトの「Group Transcribe」がサラリーマンの凄い味方になるかも!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGroup TranscribeMicrosoft】の最新ニュースをいち早くお届けします。