PayPayとLINE Payが躍進不可避? LINEグループの強さの神髄は東南アジアにあり!

「LINEグループは海外に強い」。その言葉が早くも実証されたようだ。LINEがタイで展開する銀行サービス「LINE BK」が、リリースからわずか4ヶ月で登録ユーザー数200万人を突破したことが明らかとなった。LINEといえば、ヤフーを傘下に収めるZホールディングスとの経営統合が完了したことでも話題となり、今後どのようにヤフー等とのシナジーを活かして成長していくかが注目を集めている存在だ。
今回は、海外でその強みを発揮するLINEやそのグループのサービスの魅力についてお伝えしていきたい。

タイや東南アジア圏に強い影響力をもつLINE

(Image:linecorp.com/ja)

「LINE BK」は、LINEとタイ大手のカシコン銀行が手を組み実現した銀行サービス

 LINE株式会社が3月8日に発表したところによると、グループ企業がタイで運営する銀行サービス・LINE BKの登録ユーザー数が200万人を突破したという。LINE BKのサービス開始は2020年10月。「1日あたりの新規口座開設数5万件」「4ヶ月間における取引総額が210億バーツ(約7億米ドル相当)突破」といった華々しいデータも公開され、好スタートを切るサービス開始となったことが伺えた。
 加えてLINE BKは「いずれのサービスも他のアプリに遷移することなく、LINEアプリから利用可能」だという。LINEユーザーであれば手軽に利用できるという点でも、世界的なコミュニケーションアプリの強みを活かした仕様で、あらためてタイ国内でのLINEの影響力の強さを見せつけた。

PayPayとLINE Payが躍進不可避? LINEグループの強さの神髄は東南アジアにあり!のページです。オトナライフは、【SNSLINELINE BKQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。