Suica定期券による時差通勤でポイントが付与される「オフピークポイント」って何?

2021年3月15日、JR東日本は平日朝のピーク時間の混雑を緩和するため、Suica定期券を使った時差通勤でポイントが貯まる「オフピークポイントサービス」を開始した。事前エントリーすれば、ピーク時間帯の前後1時間の間に時差通勤するだけで毎日ポイントがもらえるのだ。もし、対象エリアでSuica定期券を使っているなら見逃せないぞ!

ピーク時間帯前後の入場でポイントが付与される

(Image:jreast.co.jp)

 JR東日本は平日朝のピーク時間の混雑を緩和するため、2021年3月15日~2022年3月31日の間、Suica定期券を使った時差通勤でポイントが貯まる「オフピークポイントサービス」を開始した。
「オフピークポイントサービス」とは、平日のもっとも混雑する朝のピーク時間帯(1.5時間)を避け、その前後1時間で対象エリアの駅にSuica定期券で入場すると、JRE POINTが付与されるというもの。もちろん出場も対象エリアである必要がある。対象となる時間帯は駅ごとで異なるが、ピーク時間帯前1時間の「早起き時間帯」では15pt、ピーク時間帯後1時間の「ゆったり時間帯」では20ptが還元されるようになっている。また、「オフピークポイントサービス」でポイントを獲得するにはSuica通勤定期券をJRE POINTに登録した上で、専用サイトからエントリーしないとダメだ。なお、対象となるのはSuica通勤定期券のみで、通学定期券、FREX定期券、グリーン定期券は対象外となる点にも注意したい。

(Image:jreast.co.jp)

「オフピークポイントサービス」では、ピーク時間帯(1.5時間)の前「早起き時間帯(1時間)」に入場すると15pt。ピーク時間帯後の「ゆったり時間帯(1時間)」に入場すると20ptが付与される

(Image:jreast.co.jp)

オフピークの対象エリアはかなり広い。中央本線は「大月」、東海道線は「小田原」、常磐線快速は「土浦」、外房線は「上総一之宮」、横須賀線は「久里浜」までとなっている

(Image:jreast.co.jp)

対象時間帯は駅ごとにすべて異なる。たとえば、山手線の神田の「早起き時間帯」は6時40分~7時40分だが、上野では6時20分~7時20分となっている。自分が利用する駅の対象時間帯を事前にチェックしておこう

Suica定期券による時差通勤でポイントが付与される「オフピークポイント」って何?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフJR東日本Suicaオフピークポイント時差通勤】の最新ニュースをいち早くお届けします。