ソフバン、シャオミ「Redmi Note 9T」5Gスマホが48円? タダ同然だと話題に

ミドルレンジスマホとしては“最強レベル”のコスパ

(Image:Daria Gromova / Shutterstock.com)

写真はiPhone 12miniとの比較、Redmi Note 9Tの充電はUSB Type-Cポートから行う

 一般的に安価すぎる製品は、ユーザーからは「安かろう悪かろう」と思われがちだ。しかし画面はおよそ6.5インチと大型で、大画面で動画が楽しめる。さらにバッテリーも5,000mAhと大容量、「モバイルSuica」等が利用できる「おサイフケータイ」にも対応しているなど、日常使いでユーザーを十分満足させてくれるであろうスペックを有している。加えて各種レビュワーの使用感によればカメラの性能も、現在の一般的なスマホの中では少々物足りない部分もあるというものの、AI補正等もありミドルレンジ(よりもかなり低価格なスマホ)のスマホとしては合格点と言える出来だという。
 ネット上からも「2万円でこれだけできるならもう高い端末買う必要はまったくない」「軽いゲームなら余裕で出来るし、価格帯も良くて使いやすくていいね!」といった称賛の声も多く聞こえてきている。

 一方で画面の描写スピードに関わる「リフレッシュレート」に誤記があり、発表時には「90Hz」とされていたものの途中から「正しくは60Hz」と訂正された一件があった。これに対してユーザーからは「90Hzを安価な端末でほしいと思って買った人から見ればあり得ない」と厳しい意見も挙がっていた。
 「リフレッシュレート60Hz」というのは一般的なスマホと同等の性能のため、さほどスマホを使い倒さないユーザーであればさほど気にすべき部分でもないかもしれない。しかし「5G」という、高速・大容量通信がキーワードとなっている環境を選んだユーザーがどれほどのスペックを求めているのか。今後機種を選ぶユーザーであれば注意を払っていきたい部分ともなった。

 どちらにせよ、圧倒的な価格の安さからRedmi Note 9Tが非常に高コスパのスマホであることは間違いない。今後の5G普及の足掛かりとなるか、期待を寄せて見守っていきたい。

参照元:約2万円で販売の5Gスマホ、シャオミ「Redmi Note 9T」はスマホの価格破壊!【ASCII.jp

※サムネイル画像(Image:Daria Gromova / Shutterstock.com

ソフバン、シャオミ「Redmi Note 9T」5Gスマホが48円? タダ同然だと話題にのページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GRedmi Note 9Tシャオミスマホソフトバンク】の最新ニュースをいち早くお届けします。