Twitter、“第二のFacebook”目前? これから始まる凋落の危機

日本国内で高い人気を誇るSNSのひとつと言えば「Twitter」だ。しかしそんなTwitterの今後を大きく左右しそうな調査結果が、このほど発表された。日本では2010年代に大流行した「Facebook」も、現在ではその存在感を失いつつあるなどSNSの栄枯盛衰は激しいものであることは間違いない。Twitterはこれからどのような推移をしていくことになるだろうか。

50代以上でもネットがテレビを抜く

若年層のネット利用率は“ほぼ全員”と言っても過言ではない(マクロミル調べ)

 マーケティングリサーチ会社・マクロミルが3月10日に発表したところによると、近年はインターネット利用者が上昇傾向にあり、2019年の調査では調査全体で89.8%という高い利用率を記録。年代別の結果を見ても、20代から60代までで90%以上となりその浸透ぶりが伺えた。
 そうした高齢者層でもネット利用が加速している現状を受けて、マクロミルが50代以上を対象として2020年12月に「インターネット利用動向」の調査を実施。その結果によると、「メディア利用頻度」で見ると「テレビ(6.6日/週)、ネット(5.3日/週)、新聞(4.2日/週)」となっている一方で、一日あたりの利用時間として捉えると「ネット(3.3時間/日)、テレビ(3.2時間/日)」とネットがテレビを逆転している。このことからもネットがテレビを超えようかという勢いで浸透している様子が伺える。

Twitter、“第二のFacebook”目前? これから始まる凋落の危機のページです。オトナライフは、【SNSFacebookSNSTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。