ドコモがキャリア全体の3分の1のシェアを獲得! ahamo開始後もこの勢いは衰える予兆無し?

各社が次々と各種プランを発表し、熾烈なシェア争いを繰り広げる携帯、スマホ業界。楽天モバイルなどの新興勢力の動向も気になるところだが、4キャリアのうち利用サービスの調査で最も多くのユーザーを獲得していたのは、全体の3分の1のシェアを獲得したドコモだった。圧勝ぶりが際立つ結果ではあるが、革新的なプランを打ち出し、業界を引っ張ってきた様相もあることから予想通りという人も多いのではないだろうか。
新プラン競争ではauもソフトバンクも、プランに微調整を加えながら二の矢・三の矢で対抗してきてはいるが、新プランの実施が実際に始まる3月後半から4月にかけてシェア争いの数字はどう動いてくるだろうか。今回の結果のように、ドコモが圧勝することもありえるのか、シェア争いの流れを追いたい。

ドコモが全体の3分の1のシェアを獲得

(Image:TK Kurikawa / Shutterstock.com)

サブ利用の携帯でも数値はほぼ同じような結果に

 MMD研究所は、18歳~69歳の男女40,000人を対象に2021年2月8日~2月10日の期間で「2021年3月 通信サービスの利用動向調査」を実施。通信契約をしている携帯電話・スマートフォンについて現在利用する37,731人を対象に、メインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信サービスを聞いたところ、「ドコモ(35.0%)」「au(24.5%)」「ソフトバンク(15.7%)」「楽天モバイル(4.0%)」という結果になった。上述した通り、ドコモが全体の3分の1のシェアを獲得したような様相になっている。

 また、2台目となるサブ利用の携帯電話・スマートフォンを通信契約し、所持している4,124人を対象に、サブで利用している通信サービスについて聞いたところ、「ドコモ(28.4%)」「au(19.5%)」「ソフトバンク(15.3%)」「楽天モバイル(14.1%)」という結果になったよう。1台持ち2台持ち共に同じような結果に落ち着いたということは、2台目だからといってあえてキャリアを変更することはせず、1台目と同じキャリア内で選ぶという人が多いのかもしれない。

ドコモがキャリア全体の3分の1のシェアを獲得! ahamo開始後もこの勢いは衰える予兆無し?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidahamoauソフトバンクドコモ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。