アップルユーザーいますぐ確認! iOS14にまた脆弱性が見つかり、修正パッチ緊急配布

iPhoneやiPadなどアップル製品を愛用するすべてのユーザーは、最新のOSへのアップデートが済んでいるか確認が必要だ。現地時間3月8日、アップルはiPhone、iPad、Mac、アップルウォッチ向けのセキュリティアップデートをリリース。これは“重要”なセキュリティアップデートで、“すべてのユーザーに推奨”されるものだという。
そこで今回はそのアップデートの内容について、詳しく見ていきたい。

iOS14.4に見つかったのは致命的なバグの可能性

(Image:Velimir Zeland / Shutterstock.com)

手持ちのiPhoneが「iOS14.4.1」になっているか、確認しよう

 今回のアップデートにより、iPhoneとiPadなら「iOS14.4.1」に、アップルウォッチなら「watchOS 7.3.2」に、macOS Big Surは「11.2.3」が最新のものとなる。これはアップルのブラウザ「サファリ」のエンジンであるWebKitのメモリ破壊バグという脆弱性が見つかったため、その修正をするものだという。この脆弱性を悪用したコードを含んだウェブページにアクセスすると、このバグが発生してしまう、というのだ。

 「iOS14.4」は2021年2月にリリースされたばかり。WebKitの脆弱性が見つかり、ハッカーに悪用されていたことが明かされ話題となっていた。今回のバグは悪用されているとは考えられていないようだ。だが、アップルは間もなく新機能を追加した「iOS14.5」のリリースを控えている。この段階でのマイナーアップデートということは、やはり放っては置けない致命的なバグだったという可能性も十分に考えられる。

アップルユーザーいますぐ確認! iOS14にまた脆弱性が見つかり、修正パッチ緊急配布のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleApple WatchiOS14iPadiPhoneMac】の最新ニュースをいち早くお届けします。