「AviUt」で動画編集中に動作が重いときの原因と対処法を解説!

「AviUtl」で動画を編集中動作が重いときの原因と対処方法をご存知だろうか。本記事では、「AviUtl」で動画を編集中に動作が重くなってしまったときに考えられる原因と対処方法紹介するので「AviUtl」ユーザーはぜひ参考にしてほしい。

AviUtlは高解像度な動画の編集には向かない

 動画編集ソフトである「AviUtl」は完全無料でプラグインを入れることで非常に高品質な動画を作成することができる。そのため、動画編集入門として「AviUtl」を利用している方も多いだろう。しかし、「AviUtl」で動画を編集していると「AviUtl」の処理が重くなってくることがある。本記事では、「AviUtl」で動画編集中に処理や動作が重いときの対処方法を紹介するので参考にしてほしい。
 はじめに、「AviUtl」を利用しているライトユーザーの方に知っておいてほしい「AviUtl」の動画編集ソフトとしての紹介がある。それは、「AviUtl」自体は高解像度の動画編集には向いていないということだ。
 とくに、最近では主流になりつつある4K動画の編集やH.265などの最新コーデックの動画の処理などがこれに当たる。その理由に、「AviUtl」本体や「AviUtl」の動画編集に欠かすことができない各種プラグインはすべて個人開発されたものであり、ある程度汎用的な処理や技術は「AviUtl」本体のアップデート、プラグインのアップデートで実現されて入るものの4K動画や最新コーデック動画の処理に必要な高度な技術は「AviUtl」の開発規模では実装できていないという背景を挙げることができる。
 そのため、4K動画や最新コーデックの動画を処理したいのであればAdobe PremiereやApple Final Cutなど最新技術が取り入れられた動画編集ソフトを利用するべきだ。本記事では、「AviUtl」で動画を編集・処理中に動作が重いときの原因や対処方法を紹介するが、それらを行なってもやはり最新技術を搭載した動画編集ソフトには敵わない部分が多い。これらを理解した上で「AviUtl」を活用してほしい。
 720p程度の動画や汎用コーデック動画の編集を行う分には「AviUtl」は非常に使いやすく動作も軽快でオススメの動画編集ソフトといえる。何よりも「AviUtl」は無料なので、「AviUtl」を利用したことのない方は一度、気軽に「AviUtl」を試してほしい。

「AviUt」で動画編集中に動作が重いときの原因と対処法を解説!のページです。オトナライフは、【動画・音楽AviUtl動画編集】の最新ニュースをいち早くお届けします。