楽天モバイル、5年前倒しのスピード感で回線エリア拡大を宣言!

楽天モバイルが回線エリアの拡大を急ピッチで進めていることが分かった。同社の発表によると、2021年の夏頃には人口カバー率で約96%を実現する見込みである模様。他キャリアが新規料金プランの発表に沸く中、地道な設備投資を続けてきている状況だ。
今回は、この発表が通信キャリアのシェア争いにもたらす意味と、楽天モバイルの今後の伸びしろについてお伝えしていく。

5年前倒しのスピード感で90%越え!日本中で使えるキャリアへ

(Image:Sulastri Sulastri / Shutterstock.com)

楽天モバイルの回線エリアが急激に拡大している模様

 2020年4月に正式サービス開始し、まもなく1年を迎える「楽天モバイル」。ここまで1年間無料の「無料サポータープログラム」に代表される大型キャンペーンで話題となってきた。さらにこの春に発表した、従量制プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」では、「1GBまで0円」という、他社では考えられない“攻めた”料金プランで多くのユーザーを驚かせた。

 これらの大型割引や革新的な料金プランで新規ユーザーの獲得を進めてきた楽天モバイルだが、サービス面の充実もここにきて加速しているようだ。同社の発表によると回線エリアが今夏に人口カバー率で約96%に達する見通しであることが判明。当初の計画から5年前倒しともいわれるスピード感で、エリア拡大に取り組んでいると宣言しているようだ。

楽天モバイル、5年前倒しのスピード感で回線エリア拡大を宣言!のページです。オトナライフは、【iPhone&Android楽天楽天モバイル楽天経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。