楽天モバイル、5年前倒しのスピード感で回線エリア拡大を宣言!

3大キャリアと同じ土俵へ。料金プランの戦いなら負けない?

(Image:DANIEL CONSTANTE / Shutterstock.com)

楽天経済圏に属した潜在的な楽天モバイルユーザーは多いはず

 近年、オンラインショッピングから、電気料金、QRコード決済まであらゆるサービスを楽天グループにまとめることで、ポイントを有効活用する「楽天経済圏」が話題となっている。このことから、現在は他キャリアに属しているものの、サービスさえ整えば楽天モバイルに移行したいという潜在的なユーザーは十分いることが考えられる。今回の発表によって、通信エリアの不安が無いことが分かれば、多くの楽天経済圏の住人が、メインキャリアを楽天モバイルに変更するだろう。また、1年間の料金無料期間に大幅にユーザー獲得した楽天モバイルだが、あくまでも通信補助のためのサブキャリアとしての契約が多数であったと考えられる。そのままであれば、期間終了と共に大幅なキャリア離脱の危険性もあったが、「回線の不安が無いのであれば、せっかく契約しているし安価な楽天モバイルをメインにしよう」と考える人も少なくないだろう。

 これまでは、「無料」に代表される大型キャンペーンを打ち出す形で、あくまで新興キャリアという位置づけで戦ってきた同社。しかしここまで回線エリアのカバー率が上がった現在、ようやく大手3社と、プランや料金で“同じ土俵”に立って戦えるようになるのではないか。料金面では、3社に劣らないお得さを誇る同社だけに、この発表を機に大幅に契約者を増やすかもしれない。今後の楽天モバイルの勢いに期待だ。

参照元:楽天モバイルCMO・河野奈保氏に問う。【GetNavi web】

※サムネイル画像(Image:Sulastri Sulastri / Shutterstock.com)

楽天モバイル、5年前倒しのスピード感で回線エリア拡大を宣言!のページです。オトナライフは、【iPhone&Android楽天楽天モバイル楽天経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。