楽天モバイルついに本気出す!? 調達した2400億円もの資金をそのまま基地局増強へ

楽天モバイルにさらなる投資が決定した。2,400億円もの巨額を、現在楽天モバイルが急ピッチで進めている基地局建設に充てるという。2020年4月のキャリア参入時は他キャリアの回線に“間借り”しているエリアも多かった楽天モバイルだが、当初の計画を大幅に前倒しして自社回線を普及させていくことに注力している。
今回は、そんな楽天モバイルが仕掛ける戦略と大きな決断についてお伝えしていきたい。

投資を得てさらに成長を加速させる楽天モバイル

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

楽天モバイルは「1GBまで0円」という衝撃のプランも話題だ

 楽天モバイルへの投資が決定したのは、グループの中心企業である楽天が日本郵政等からの資金調達に成功したことが理由だ。楽天は、日本郵政や中国のIT大手・テンセント、アメリカの小売大手・ウォルマートから合計2,423億円を調達し、それらをそのまま楽天モバイルへと投じるようだ。

 楽天モバイルはこれまでにも、一定のタイミングで基地局の増強について言及してきた。2020年8月には「当初2026年をめどに進めていた『人口カバー率96%』を2021年夏頃に達成できる見込み」と5年もの大幅な計画前倒しを発表し世間を驚かせた。さらに2021年2月に行われた決算発表では「カバー率は変えずに、基地局数を増やし電波密度を高める」方針を打ち出している。
 こうした発表で基地局増設をアピールするのは、新規参入企業にとって避けられない壁となる「電波が弱い・つながらない」というユーザーの不満を解消する狙いがあることは想像に難くない。「プラン使用量1年間無料」という破格のキャンペーンで集まった300万人に、「楽天モバイルは遅い・使えない」というイメージを持たれないよう細心の注意を払っている様子が伺える。

楽天モバイルついに本気出す!? 調達した2400億円もの資金をそのまま基地局増強へのページです。オトナライフは、【iPhone&Android日本郵政楽天楽天モバイル楽天経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。