Apple Watchユーザー、ahamo、povo、LINEMOへの乗り換え注意! 通話できないことが判明

Apple Watchユーザーは、注意が必要だ。携帯電話3社の新プランahamo、povo、LINEMOではApple Watch単体での通話や通信ができないことが判明し、話題を呼んでいる。利用にはBluetooth接続が必要になり、結局iPhoneも一緒に持ち運ばなければならなくなるためせっかくeSIMを搭載したGPS+Cellularモデルを持っていてもまるで意味がない。料金を安く抑えるために乗り換えを検討している人は、デメリットもしっかり知った上での変更が必要となってくるようだ。

Apple Watchのみで通話したいなら乗り換えはNG

(Image:yoamod / Shutterstock.com)

低価格プランではApple Watch単体で通話ができない

 3月末にサービスのスタートが迫っている携帯電話各社の新料金プラン。これまでの大手3社が提供してきた料金設定からぐっと下がるため検討している人も多いだろうが、サービスの詳細が出てくるにつれて乗り換え前後の不便さも明らかになってきた。今回判明したのはApple Watchの単体使用が制限されてしまうというユーザーにとっては衝撃の事実だ。
 本来、eSIMを搭載したApple WatchのGPS+CellularモデルはiPhoneを持っていなくても通話や通信ができることがウリだ。しかし実は「ワンナンバーサービス」(NTTドコモ)、「ナンバーシェア」(au)、「Apple Watchモバイル通信サービス」(ソフトバンク)といったiPhoneと電話番号を共有するサービスの契約が必須となっている。これまでほとんどの人が意識することなく契約してきたが、新料金プランではこれらのサービスが利用できず、おのずとApple Watch単体での通話や通信ができなくなってしまうのだ。選択肢のないApple Watchユーザーは大手3社の従来プランを利用せざるを得ず、不当な「囲い込み」なのではという指摘もある。

Apple Watchユーザー、ahamo、povo、LINEMOへの乗り換え注意! 通話できないことが判明のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoAppleApple WatchauLINEMOpovoソフトバンクドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。